予約と在庫クリップ

ジャニーズの雑誌表紙やCD、DVDの予約情報、注目写真集やゲームソフトなど、今リアルに熱いアイテムにフォーカス!

100年ドラえもん

藤子F不二雄先生不朽の名作である「ドラえもん」。

この度50周年記念出版として全45巻愛蔵版が発売されることとなりました!!

題して「100年ドラえもん」!!


 
f:id:take-8-h:20201123182605j:plain
 


今回は愛蔵版と銘打たれているだけあって、その仕様はガチでゴージャス!!


まず全巻がハードカバー仕様。通常の単行本(コミックス)と違って装丁から豪華ですね☆

またハードカバーのわりに、とても見やすく、開きやすい仕様となっているので、お子さんが本を開いて困ることもありません。

さらに書籍表面はなんと布クロス装、そして箔押し!!

もちろんこの装丁はドラえもん史上初となる試み☆本を眺めるだけでも嬉しくなっちゃいます!!
 

なおこれは本好きな方ならどなたでも経験のある事だと思いますが、書籍を本棚においても、どうしても上の部分が経年劣化し、色が変色してしまうことがあります。

しかし今回は、その上部部分に湿気を防ぐ天金仕様、また劣化を抑える上質の用紙が採用されています。

長期間の保存対策もバッチリですね!まさに愛蔵版です☆



そして肝心の本の中身は、現代の最新の印刷技術で刷られており、非常にクリアな誌面が期待できます!


また全45巻は、15冊ずつに分けられ、専用のボックスがついてきます。

45巻を収納する本棚がなくても、ボックスがあればちゃんと整理整頓スッキリ置くことができますね☆


f:id:take-8-h:20201123182619j:plain






また今回は愛蔵版ということもあり、いくつかの特典もついてきます!

まずは幻画集「ドラ絵もん」!!

タイトル良過ぎます☆こちらは人気の高い回の扉絵などを、当時のカラーで収録したもの。なんとあの「藤子F不二雄大全集」で収録されていない原画も掲載されるとのことで、これはマニア必見ですね。


また完全索引別巻「引くえもん」!

こちらは文字通り索引なのですが、ドラえもんの道具や登場人物などから、それぞれが掲載されている巻を調べることができる構成となっています。

ドラえもんをガチで読み尽くしたい方にはかなりお役立ちしそうですね☆


さらに「ドラえもん0巻 豪華装丁版」!

以前発売されたドラえもんの0巻がリッチな装丁でついてきます!幻の第一話と呼ばれる、6種類の第1話をじっくり読むことができます!



そして「ドラえもん&のび太 100年後もまんがを読んで爆笑フィギュア」!

こちらは40巻に収録されている「タイム・ルーム 昔のカキの物語」の一場面を再現したものです☆



特典ラストは、ズバリ「超大型タイムふろしき」!!

なんと縦横約1メートルのビッグなふろしきがついてきます!

しかも今回のコミックスを収納するボックスが、このタイムふろしきに包まれて届けられるとのこと。ワクワクですね☆

まさに未来へと続くドラえもん!!はやく100年ドラえもんを受け取りたいです!!




f:id:take-8-h:20201123182555j:plain





ドラえもん、キテレツ大百科、オバケのQ太郎、、今もなお語り継がれる名作の数々。藤子F不二雄先生には感謝してもしきれません。

管理人はドラえもんという作品に初めて触れたのが昭和50年代。もうすでにこの頃はドラえもんの人気は不動のものであり、アニメはもちろん、夏休みや冬休みに公開される長編映画も非常に楽しみにしていました。

この頃のコロコロコミックは、毎号表紙に必ずドラえもんが搭乗していた記憶があります。


その後、大人になって、ドラえもんという偉大な作品をイチから考察してみたくなった時期がありました。

すると最初から意外な事実を知ることになります。

それはドラえもんは連載初期は思うように人気が出なかったという、今となっては信じられないプロセス。


ドラえもんが連載開始されたのは、1969年。昭和40年代前半、高度成長期のあたりです。しかしこの頃は、藤子先生の作品はオバQやパーマンなどの人気作品はあるにはありましたが、いずれも連載が長く続かず、いわゆるスランプに陥っていた時期だとされています。

ドラえもんは連載開始から4年後にアニメ化されますが、しかしこの時もすぐに放映が終了してしまったのだとか。

ちょっと意外過ぎますよね。


しかしその後転機が訪れます。

アニメ放送終了後の翌年、コミックス全6巻が発売されることになりました。

現在は連載開始から3,4か月後に単行本が発売されるのが通例ですが、この時代はそういったプロセスではなかったのかもしれませんね。

そしてこのコミックスが爆発的ヒットを呼び、いわゆるガチブレイク!!

この人気を受け、再び1979年にアニメ化され、さらに人気が盤石のものとなりました。


今考えると、この時にコミックスが発売されていて本当に良かったです!!

今回の100年ドラえもんで、改めてこの1巻から6巻もじっくり読んでみたいと思っています!




f:id:take-8-h:20201123182613j:plain