予約と在庫クリップ

ジャニーズの雑誌表紙やCD、DVDの予約情報、注目写真集やゲームソフトなど、今リアルに熱いアイテムにフォーカス!

VHSをダビングする際、DVDとブルーレイの違いは?比較してみました!

昔のVHSテープをデジタル化する際、

DVDとブルーレイ、どちらにダビングすればよいの?と迷う方もたくさんいるかもしれません。


自分も最初の頃はどちらがどうメリットがあるのかわかりませんでした。

ただ今では色々調べてだいぶ当初より知識が増えましたので、今回シェアさせていただければと思います。



まず画素数を比較すると、

DVD 約35万画素

ブルーレイ 約207万画素

となりますので、画質は俄然ブルーレイが上です。




また、DVDは基本4.7GB(2層式で8.5GB)しかコピーできませんが、

ブルーレイは25GB(2層式で50GB)コピーできます。



従ってコピーする容量が多ければ多いほど、ブルーレイにコピーしてディスクそのものの物理量を減らすほうが得策となります。





しかしそのブルーレイにもDVDに劣ってしまう部分があります。


それはズバリ耐久性。

一枚のディスクにより多くの情報を収録するブルーレイは、記録層と表面層の間がDVDより薄いため、耐久性は劣ります。


またコストの問題。

単純に一枚当たりの価格はDVDのほうが安いです。





以上がVHSをダビングした際のブルーレイとDVDの差となります。

まとめると、高画質や容量優先ならブルーレイ、コストや耐久性重視ならDVDとなりますね。


これからダビングをお考えになっている方の参考になれば幸いです☆